上に戻る
やっぱりCPUは(ry
……いや、「やっぱり」というかこちらが先なのですがね……
概要
 ここはスーファミの「F-ZERO」のエディタ「風情」のページです。
 「風情」を使い、マップはそれなりに書き換えることが出来ます。
 CPUの挙動の設定や、分岐も可能になり、だいぶマシになってきたと思います。


 こんな感じでエディット可能です。
ダウンロード
 黄色い背景の部分はクリックすると情報が見られます。
 ダウンロードはこちらからどうぞ。
 風情 version 0.04
↑更新内容
○地域を新規作成時に、被せレイヤーが0000フィルされていたのを修正
○選択後「R」「M」で、単純に回転したり反転したりできるようにした
 実用性はあまりないです
○スムースなカーブの.fzeeclipを同梱した
 これらを組み合わせるだけで、割とそれらしいサーキットが作成できます
 風情 version 0.03
↑更新内容
○「杭」置きによる、滑らかな壁配置に対応(したけど、使わないほうがいい)
○エリアにセットするパラメータの設定に対応
○分岐に対応
○ミニマップを出力するようにした。また、設定できるようにした。
○コースファイルのデータ形式を少し変更
○被せレイヤーの透過の仕様を変更した(ブロックが全て0000なら透過→FFFFのチップは透過)

 とりあえず、自分的には満足な出来になったので、要望やバグ修正がなければこれを最終版にしようと思います。
 要望などがあれば、掲示板やメールにてお願いします。検討します。(検討だけになっても怒らないでね^^)
 風情 version 0.02
↑更新内容
○globalsetting.txtが無いときに「梱包」すると落ちる不具合を修正
○読み込むイメージの妥当性を調べるようにした
  サイズチェックとハッシュ(?)チェックです。
○梱包時のログ「cmplog.txt」を出力するように
  梱包時にエラーが起こったら、これを見ると解消できるかも。
○イメージ情報(プログラムサイズとチェックサム)補正するようにした
  某エミュで黄色文字を見ないで済みます……
○2エリアが遠距離過ぎたときエラーを出すようにした
  逆に言うと、今までエラー出さずに放置していたわけだが……
○ライン置き、塗りつぶしに対応
○FFFFを透過扱いにした
○繋ぎ換えに対応
○先頭エリアX座標を0x100*n+0x80に固定した
  これで、周回変更時にCPUマシンになぜか抜かれる不具合が修正できたはず……
○ゴールラインを表示
○エリアの挿入に対応
○エリアに渡す値を変更した
  本当はその値が編集できないといけないのですが……
○強制送還マシンをとりあえずおとなしくさせた
○サンプルを完成させた
 風情version0.01
0.01の簡易解説(もう必要ないですが、一応置いておきます)
 簡単な解説を書きます。
 このウェブサイトの「まけ」を使ったことがある人のほうがわかりやすいかと^^
 現状ではとても使えるような状態ではありません。
 未知なるパラメータもいくつかあるし……
 説明もわけわからんと思いますが、まぁ、初回バージョンですし……そのうち改善できたらいいなぁ……

 ○読み込み
  エフゼロのイメージは、「fzero.smc」という名前にして、このソフトと同じフォルダに入れてください。
 ○ファイル操作について
  このソフトは「working」フォルダ内のファイルにアクセスを行います。
  「region0.txt」といった具合に、このゲームでの地域ごとに1つのファイルとなっています。
  地域は0〜8まであり、ソフト中で地域を切り替えると自動で書き込まれます。
  また、ソフト終了時には、最後に表示していた地域に自動で書き込みます。
  要は明示的に保存操作はしなくていい仕様です。
  最初はサンプルを入れてあります。
  0から地域を作り直したいときは、対応するregion*.txtを削除してください。
  プロジェクト(?)毎に分けたりしたいときは、workingフォルダごとリネームして別途管理してください。
 ○まずサンプルを……
  このソフトが無事起動できたら、「F11」キーを押してください。
  これで、このソフトのフォルダに「output.smc」が出力されます。
  それがサンプルで、1カップ分の5コースです。
  サンプルをプレイすると、突然意味不明なタイミングでCPUマシンに抜かれたりすると思います。
  原因は不明ですが、しょうがないので仕様としておきます。致命的ですが……
 ○モード操作
  このソフトは現在2つの「モード」があり、F1/F2で切り替えが出来ます。
 「マップ編集」モードでマップを作成し、
 「エリア編集」モードで「エリア」を作成します。
 ○その他基本操作
 「F7/F8」地域を変更します。編集中だった地域はセーブされます。
       ソフト中で現在の地域の番号を表示する機能を付け忘れました。
       水=0 砂=2 風=4 火=6 雪=8です。
 「A/S」マップX方向移動。同時押しでX=0へ。シフト同時押しで加速。
 「W/Z」マップY方向移動。同時押しでY=0へ。シフト同時押しで加速。
 「E/D」マップズームインズームアウト。
 「F11」「梱包」を行います。
 ○マップ編集モード
 「F/G」パーツ選択を行います。シフト同時押しで加速。
      ……が、パーツは滅茶苦茶いっぱいあるため、これで選ぶのは無謀です。
 「クリック」選択されたパーツを置きます
 「右クリック」その場所のパーツを拾います。
 「中央ドラッグ」範囲選択を行います。
 「選択後Delete」現在選択中のパーツで、選択範囲を埋めます。
 「選択後CかInsert」コピーを行います。
              また、Ctrlを押しながらこの操作を行うと、
              「clipped.fzeeclip」を出力します。
              このfzeeclipファイルをこのソフトのウインドウにドロップすると、
              そのコピーしたときのもので「コピー状態」になることができます。
              「fzeeclip」フォルダに、使いやすそうなパーツを入れておきました。
              適当に使うと作りやすいかも……
 ○エリア編集モード
 「エリア」配置を行います。「エリア」は周回判定や、CPU挙動に使われるようです。
 「Ctrlを押しながらクリック」新規エリアを配置します。
 「エリア選択中にDelete」エリアを削除します
 「エリアを右ドラッグ」エリアの「向き」を変更します。
 
 どういう風に置くかと言いますと……
 ……えー、サンプルを参考にしてください(汗)
 最初のエリアは向きはありません。
 最後のエリアは、最初のエリアに重ねておくといいようです。
 あと、最初のエリア付近(置いたグリッドと、その1つ下のグリッド)は
 「周回変更」判定が効くエリアになっています。
 コースの途中で「近づかない」ようにしてください。
 (※サンプルの3コース目で、スタート地点が変な位置になっているのは
    自然な位置にすると、この不具合を誘発したためです)
 ○「梱包」
 「F11」キーを押すと、workingフォルダ内のデータより「梱包」を行い、
 プレイできる状態でoutput.smcを出力します。
 ステージ構成は、workingフォルダ内の、globalsetting.txtを弄ることで変更できます。
 
 
 冷静に考えると、これ、同梱テキストにすれば良かったよなぁ……
 説明不足もいいところですね、コレ……
 
 説明
 チュートリアル・操作解説
 エリア配置のコツ
 壁配置モードの解説(読まないほうがいいです)
 パッチ
 適当なipsパッチソフトで当ててください。
 ダウンロードはこちらからどうぞ。

 ●PRACTICEできないコースをPRACTICEするパッチ
  このゲームは、全てのコースをタイムアタックすることが出来ませんが、これは、タイムアタック可能なコースを差し替えたものです。
  3つのパッチで、全てのコースがいちおうタイムアタックできます。

 ●風情サンプル
  風情に同梱のサンプルをipsにしたもの。こんな感じで書き換え可能だという参考にしてください。
  いちおう全てのコースが新規に作成されています。
  サンプル0.03
     ↑  エリアパラメータを設置し、CPUがかなりマシな走行をするようになった
     ↑  また、ごく一部のガードを滑らかにした。
  サンプル0.02
 解析資料みたいなもの
 ……を見るためのソフトと設定ファイル。ほとんど調査できていませんが……
 ダウンロードはこちらからどうぞ。
(45)2008年1月3日 プレさ兵衛
(150)2010年11月7日 改:配布物のURLを変更
(67)2008年7月5日 改:バージョン0.04を追加。
(61)2008年4月6日 改:バージョン0.03を追加。そのサンプルipsも追加。説明に「壁配置モードの解説」を追加
(58)2008年3月15日 改:パッチ(PRACTICEできない〜、サンプル0.02)と解析資料を追加
(52)2008年2月6日 改:バージョン0.02・チュートリアル・エリア配置のコツを追加
inserted by FC2 system